F.K
技術部 信頼性評価センター
2017年入社 中途 F.K

これから大きくなる会社で、自分自身の可能性を試したい

入社のきっかけは?

元々JTLのお客さんとして振動試験サービスを利用していて、実際に試験の立会に行ったこともありました。その時に感じたことは、仕事がどうだとかいうよりは、社員が伸び伸びと働いている印象を強く受けました。自分自身、働くことに物足りなさを感じていた時、JTLの社員といろいろ話をする中で、「この人たちは真剣に自社・顧客のことを考えて仕事しているんだな」ということを知り、このような会社・人に魅力を感じたことを覚えています。
そしてこの会社だったら自分の前職での経験も活かせるし、自分自身の可能性を試してみてもいいと思い、決断しました。前職で勤めていた会社はいわゆる大企業で、自分を試せなかったわけではありませんが、自分の思いや考えがなかなか受け入れてもらえる環境ではなく、独自性を求めるというよりは、全体最適を重視する環境でした。JTLでは、自分の考え・意見を聞き入れて、それをカタチにするまでの動きまで全て任せてもらえるのがいいと思っています。そして何より、実現するまでのスピードが早いことにも面白さを感じています。

現在の仕事内容は?

今は信頼性評価センターのリーダーとして人・設備・環境全般の整備推進を行っています。また、お客様へのアプローチ方法の作り込みなど、社内だけでなく社外とも接点を持つ仕事をしていて、これがまた難しくも面白いですね。今は当然、お客様を第一に考えた仕事をしていますが、前職のときは「お客さんのために何かしてあげたい」といった思いは今に比べると薄かったように思います。「自分をどう活かしてくれるのか」「自分の輝けそうな場所があるのだろうか」といった視点で働いていましたが、今は「自分が持つ知識や技術をどう活かすかは自分次第」ということに気づかされ、持っていないスキル習得に対しても前向きに取り組む事ができています。自分の知識や技術を活かし、尚且つ自分のしたことがダイレクトに誰かの役に立つことを実感できる仕事だと思っています。

働く中でのやりがいは?

アウトプットに対しお客様に評価されやすい業務環境・業務全般を任せてもらえる会社環境…このような環境下で仕事ができることこそがやりがいだと思っています。言われたことをやるだけではなく、我々の仕事はお客様のものづくりをどの様にコーディネートしていくかが重要であり、いかに研究開発を効率的に進めていくかに繋げていくことだと思っています。そのため、評価・再現性を意識した業務を心掛けています。その分責任ある仕事をさせてもらえることがやりがいや達成感に繋がっています。また、そうやって自分の行動した成果がそのまま社内評価に繋がるのも魅力に感じています。

今後のビジョンは?

ひと言でいうと、社長も言っている通り、「日本を代表する評価機関」。そのためにまずは現在の業務で経験のある、信頼性評価に関することでNo.1を目指したいです。JTLでできる評価分析の幅を広げていって、お客様とWin-Winな関係を築いていって、気づいたら“JTL全体が日本一”に結びついていたら理想的かな。とはいえ、言葉では簡単ですが、かなりハードルとしては高いことだと思います。でも目標は高いからこそ燃えてくるものもあると思っています。個人としては、まず若手を育てて信頼性評価センター自体を強靭且つ柔軟な組織に作り上げていきたいです。信頼性評価の前後には当然、計測・分析といった評価が必要になってくるので、このセンターだけでなく他のセンターも巻き込んで開発業務のベースを担っていけるような役割になっていきたいですね。そのために僕もやれることはまだまだあるので自分を試しつつ、ブラッシュアップしていきたいです。